埼玉県春日部 春日部嬉泉病院附属クリニック 《 公式サイト 》/ごあいさつ

ごあいさつ

ごあいさつ

ごあいさつ

病院長ごあいさつ

医療法人社団嬉泉会 副理事長
春日部嬉泉病院 院長 丸山 寿晴

私は埼玉県所沢市にある防衛医科大学と関連病院で循環器内科の診療と研究を行なった後、22年前から医療法人社団嬉泉会 春日部嬉泉病院で透析医療に携わってきました。患者さんが透析を受けている間に学生の方の勉強を一緒に考えたり、お仕事の苦労話を聞いたり、様々なお話を聞いて来ました。一方 数多くの患者さんの透析導入と、透析患者さんの合併症治療に奮闘してきました。最近は患者さんの高齢化に伴い介護保険を利用する方も多くなっています。何らかの介助の必要な方と元気で自立している方と二極化してきたように思います。

介助の必要な方に関しては、私自身でケアマネージャーの資格を取り春日部きせん居宅介護支援事業所を開設して対応しています。医療においては、この6月から心臓外科医の野澤医師を常勤として招き、血管外科医長として透析患者さんのシャント手術に関して満足してもらえるようになりました。

そして、元気で自立している方の1回4時間週3回の透析時間を何とか有意義に利用できないかと22年間悩んできました。プライベート空間を作り、Wi-Fiを利用した仕事と遊びができる半個室透析を考えました。ただし、透析中の安全を確保しなければならないので、なかなか前例がありませんでした。そこで世界初と思われる、ナースステーションからコンソールの表示灯を一望し、スタッフが常駐するプライベート透析室を提供いたします。医師、看護師、ME、事務の回診を毎回行い管理栄養士が栄養指導をいたします。

具体的には、春日部駅近くの6階建てビルを一棟借り受けて、1階は一般外来とレントゲン、2階から5階は春夏秋冬のイメージに合わせた豪華な透析センター、6階にリハビリセンターを作りました。JMSの最新のon line HDF対応の全自動コンソールとROシステムを全台設置して水質管理も厳重に行い超きれいな水を利用した透析です。さらに電子カルテと心電図モニターは病院とクリニックで同時に観察可能にしました。 最善の安全と最良の快適さを提供したいと考えています。

ゆっくりとゆとりある透析ライフを楽しんでください。私の長年のライフワークでした。切に願っています。皆様ご協力の程よろしくお願いいたします。

所長ごあいさつ

春日部嬉泉病院付属クリニック
所長 古田 勝彦

こんにちは、所長の古田です。神田生まれで、琉球大学卒業後、日本大学板橋病院第一内科に入局しました。獣医の資格も持っていますので、ペットのご相談にも乗ります。透析学会認定施設である春日部嬉泉病院で透析専門医の資格を取得し、嬉泉会の病院で20年以上透析回診をしています。

看護師、臨床工学技士、管理栄養士、コンシェルジュとチームを組み毎日カンファレンスを行い、各個人個人の透析患者さんのニーズに応えられるよう努力しています。至らぬ点があれば遠慮なくご指摘ください。春日部嬉泉病院の常勤医はじめスタッフと密にコミュニケーションをとっています。夜間や日曜日などは病院の方で対応いたします。 皆様の笑顔が見えるように医療と生活をサポートできればうれしいです。透析ライフを応援できれば幸いです。

医療法人社団 嬉泉会
春日部嬉泉病院附属クリニック
〒344-0067 埼玉県春日部市中央1-51-4
TEL.048-736-0111 FAX.048-734-1700
Copyright © KISENKAI, All Rights Reserved.